MENU

人気が上昇傾向に

フォーミュラカー

ドイツでのF1人気が回復した要因として、ドイツの大手自動車メーカーの所属するレーサーの活躍が挙げられます。今年はドイツでF1レースが開催され世界中から観戦に訪れる人が多くなると予想されます。皆さんも実際に現地で観戦してみてはいかがでしょうか。

詳しく見る

魅力満載のツアー

パスポート

ドイツでF1を見たい、でも遠いし高いからなかなか行く事ができないという人の夢を叶えているのが、旅行会社の観戦ツアーです。F1観戦以外にもドイツを満喫できるオプショナルツアーも一緒に提供しているのが嬉しいです。

詳しく見る

現地観戦の基本情報

旅行鞄

ドイツグランプリはニュルブルクリンクとホッケンハイムでほぼ隔年開催されている、F1のグランプリレースの一つです。自動車レース自体は1926年から開催されている由緒あるレースで、F1人気の高いドイツでのレースとあって日本人ファンにとっても憧れのグランプリです。

詳しく見る

日程を調べよう

フォーミュラカー

F1観戦が好きな人は海外で行われる際、観戦ツアーに申し込みましょう。ドイツで行われる場合にもツアープランが設けられることがあります。この方が手続きも楽です。ただし、旅行代と航空券代の手配が別になることもあるので確認しておきましょう。

詳しく見る

ツアー参加をお勧めします

フラッグ

はじめてドイツにF1を見に行こうと考えている人にはツアーに参加することをお勧めします。その理由は、移動が楽になることがあがられ、その他にも飛行機やホテルや観戦チケットの手配の手間がなくなったり、個人手配よりも安価になることも多いためです。

詳しく見る

黒い森で迫力を味わおう

ヘルメット

抜群の観戦のしやすさ

サーキットでF1を観戦するのは、テレビとは全く異なります。超高速で駆け抜けるF1の迫力、目の前で繰り広げられるバトルの興奮は、テレビでは到底味わうことはできません。中でもドイツGPが開催されるホッケンハイムリンクは、F1屈指の観戦のしやすさを誇ります。1年ぶりに復帰するドイツGPを現地で観戦し、F1を思う存分に楽しまれてはいかがでしょうか。ドイツGPの舞台となるホッケンハイムリンクは、黒い森として知られる森林地帯に位置します。かつては超高速サーキットとして知られていましたが、現在は中高速サーキットに改修されました。この改修時に力が入れられたのが、観戦スタンドの配置です。どの観戦スタンドからもサーキットを広く見渡せるように配置されているのは、他のサーキットにはない特徴です。最もおすすめの観戦スタンドが、最終コーナーからメインスタンドにかけてのSOD。スタジアムセクション全体を見渡せる上に、メインストレートも一望できます。スタートの迫力もスタジアムセクションのバトルも楽しめるため、早期完売が予想されています。また、Mercedesもおすすめの観戦スタンド。バックストレートからヘアピン、そしてインフィールド区間を一望でき、毎周のようにバトルが目の前で繰り広げられます。ドイツ出身のドライバーやチームが参戦している上に、1年ぶりの開催となるドイツGP。観客が詰め掛けると予想されており、早め早めの観戦チケットの予約をおすすめします。